menu

アスレティックトレーナー論

アスレティックトレーナー論

日本のスポーツや健康に貢献できる人材を創る企業を目指します!

Current statusアスレティックトレーナーの現状

アスレティックトレーナーの現状

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーという資格があり、国際競技大会やナショナルチームのサポートスタッフには必要条件となっています。

トレーナー界の大先輩の方々によって教育課程が作られ、私も長い間、専門学校で講師として養成に携わっています。資格の認定者もだいぶ増えてきました。

大きなネットワークになりつつあり、情報発信やトレーナー間の交流の場も増えました。またアスレティックトレーナーにおける学会も発足し、研究や発表など盛んに進められる環境にもなってきました。驚くべき変化です。

あとはもっと広くアスレティックトレーナーたちが働いていける場を作っていく事、それとチームや公的機関の多くは短期契約なので、生活が不安定になってしまう事などが業界の課題です。

Possibilityアスレティックトレーナー企業としての可能性

アスレティックトレーナーは素晴らしい職業です。私はその体現者として、このワイズ・スポーツ&エンターテイメントという企業を通して、業界の課題を解決する方向性を示すことが出来たらという強い思いがあります。
そのために企業として人材育成方法、キャリアプランなどいくつか考え方を、試行錯誤を繰り返しながら整理してきました。

アスレティックトレーナー企業としての可能性

Training environment and occupation「職人」の育成環境と職業化

「職人」の育成環境と職業化

まずアスレティックトレーナーに対し「職人的」なイメージをお持ちの方も多いと思います。確かにトレーニング、リハビリ、治療を行う場合、トレーナーは技術を高め、経験から作り上げた独自メソッドで選手をサポートしていきます。若いトレーナーにとってはそこまでの間はいわば「修行」。多くの時間を費やす必要もでてきます。

ワイズ・スポーツ&エンターテイメントではスタッフ育成を
「研修」と「ワークショップ」という二つの考え方に分けて行っています。

会社として行っている事業の中にはスキルや経験がさほどなくても、しっかりと「研修」さえすれば出来る仕事もあります。

できる仕事を「研修」で増やしながら働いてもらい「職業化」し、職人として時間がかかるスキルやメソッドの習得は「ワークショップ」という「修行」の機会を設け、自分の意志で参加し、向上していけるようにしています。

Working Lifeキャリア開発 Working Lifeの実現

キャリア開発 Working Lifeの実現

「人生をかけて追及していく仕事」。
愛するスポーツにはそんな魅力があります。

私たちのスタッフも自分が愛する競技があり、その発展に貢献したいという強い思いがあります。会社としてはそれに近づけるよう出来るだけサポートをしています。

仕事として契約に至るには、競技を熟知している事=競技特異性が分析でき、そこから更に成果が期待されていますから、トレーニングにしろ、リハビリにしろ、プログラムをしっかりと作ることもでき、すべてのチーム関係者とコミュニケーションをとりながら指導もできなければいけません。

そのための勉強会や指導実践の「ワークショップ」を競技ごとに行っています。

キャリア開発ではよくWorking Life=「人生の中での仕事」と表現され、それを見つけ出すことを目的に教育するそうです。
しかし私たちのスタッフはすでにWorking Lifeを発見することができています。
あとはそれをしっかりと仕事にすることができ、また成果を上げ、輝いていけるよう企業としてサポートしていきたいと思っています。

Career supportキャリアサポート

キャリアサポート

ワイズ・スポーツ&エンターテイメントでは入社から4年終了までの間は「育成」と位置付けています。研修で身に付けた仕事と、ワークショップで職人としての「修行」を積んでいく期間です。

チームの契約は運やタイミングというものもありますが、4年以内であっても実力が伴っていれば契約している場合もあります。特にサッカーは私の作ったメソッドが既にあり、実績もあげてきたことからオファーも多く、若いスタッフでも早い段階で契約をさせていただくこともあります。

しかし会社としては、基本的に4年間はしっかり責任を持って育てていきたいという気持ちがありますので、積極的にワークショップに参加してもらいフォローしていきます。

次に人材の確保という事を考えると、スポーツを愛し、職業としたい若者にもっと門戸を広げる努力をしていきたいと考えています。
そのためには、資格の取得をサポートすることも重要だと思っています。

「大学4年間、スポーツに打ち込んできて、興味はスポーツなのに指導者の勉強はしていないし、資格取得のために今から勉強するには経済的にも時間的にも・・・」そう思っている大学生なども多いのではないでしょうか。

ワイズ・スポーツ&エンターテイメントは、東京スポーツ&レクリエーション専門学校が作りあげた、土曜日、日曜日に2年間通学することで日本体育協会公認アスレティックトレーナーの受験資格が得られるという画期的なコースに賛同し、資格取得を希望するスタッフには勤務体系の調整や、学費の一部サポートを行っています。

日本スポーツの方向性としても、取得していることで、自分のキャリアアップや経験の幅を広げられる可能性もあります。
私も長年養成に関り、キャリア形成の大切さと同時に、ぜひ取得してもらいたいという思いで学校と連携しサポートしています。

Career design · Follow upキャリアデザイン・フォローアップ

入社してから4年後以降のキャリアデザイン。
その方向性や選択肢を、スタッフの希望や適性を考え、一緒に作っていこうという取り組みを始めました。

キャリアデザイン・フォローアップ

スタッフのキャリア希望を大別すると・・・
1)プロフェッショナルとして競技に特化してやっていきたい。
2)地元でY’s PARKのオーナーとして、あるいは施設リーダーとして広げてみたい。
3)会社の意義や可能性に賛同し、経営に関わる仕事も合わせてやっていきたい。
それぞれのスタッフは・・・
1)「プロフェッショナル契約スタッフ」として契約し、チームからのオファー、
それ以外の業務など調整し、1年間の仕事の提案をさせてもらっています。
2)会社としても望むべき人材なので、あらゆる面からサポートをしていきたいと
思っています。開業、その後もビジネス化できるように一緒に考えていきます。
3)経営に携わるコアスタッフはビジネスマンとしての仕事も含まれるので、柔軟性、
吸収力、また強い意志と実行力があることなどを条件に採用しています。

今までアスレティックトレーナーの仕事は、チームや公的機関に採用されても短期契約で、その後の生活や人生への不安がつきものでした。

1年契約の「プロフェッショナル契約スタッフ」やトップトレーナーの不定期契約「Y’s FIELDスペシャルトレーナー」は、挑戦するトレーナーが「契約解除」や「契約満了」から「失業」という不安を解消できる場、次のステージへの準備期間にできる場、その素晴らしい能力を発揮・還元できる場にしてもらうことを目的にしています。

Make an athletic trainer professionalアスレティックトレーナーを職業化できる企業へ

入社してから4年後以降のキャリアデザイン。
その方向性や選択肢を、スタッフの希望や適性を考え、一緒に作っていこうという取り組みを始めました。

当社で一緒に働いてくれるスタッフを募集中です。興味のある方は下記よりお問い合わせください。

社で一緒に働いてくれるスタッフを募集中です。

ページ上部に戻る